ホーム > キッチンのリフォーム

キッチンのリフォーム

あなたのキッチンのストレスCheck!

あなたのキッチンのストレスCheck!

□ せまい
□ 物をとり出しにくい
□ かたづかない
□ シンクが小さい
□ 水垢やキズ、汚れが目立つ
□ 掃除しにくい
□ ヨゴレが落ちない
□ 収納しきれない
□ 調理スペースが狭い
□ カウンターの高さが合わない
□ 水はねの音が気になる
□ 臭いがこもる
□ じめじめする
□ 冬は冷えて、夏は暑い
□ キッチンが薄暗い・手元が暗くなる
□ タイルの目の汚れ・カビが気になる
□ リビングと離れている
□ 料理中に家族となかなか話せない
□ 作業動線が悪い
□ しまいっぱなしのものがたくさんある
□ 食器洗うのが大変


こういったお悩みは、放っておくと毎日の生活に中でちょっとずつ家族のストレスとなってしまいます。イライラを溜めることなく、今から気になるところだけ賢く解決することができます。
お悩みやご要望に合わせた、自分に本当に合ったキッチンを作り上げましょう! お客様にピッタリなご提案を、鳥海工務店がいたします。

キッチンの施工事例はこちら ≫

更新中!期間限定水まわりのお得なプランはこちら!≫

 


●「会話を楽しみながら開放的にお料理したい」という方にお勧め!
オープン型キッチンについてはこちら!≫

●「丸見えはイヤだけど、顔を見ながら料理したい!」という方にお勧め!
セミオープン型キッチンについてはこちら!≫

●「じっくり自分の世界でお料理したい」という方にお勧め!
クローズキッチンについてはこちら!≫

選べる!キッチンスタイル

オープンキッチン
オープンキッチン

こちらはいま一番話題になっているキッチンです。
キッチンをリビングやダイニングと同じ空間にすることで、お料理中も家族と同じ空間で過ごしながら会話も楽しめるスタイルとなっています。

最大の特徴はその開放感の高さです。
壁での仕切りがないため、調理から配膳までがスムーズに進み、その気持ちよさはオープンキッチンにした方しかわかりません。

また、家族も気軽にキッチンに入れるので、子供もお手伝いや後片付けに参加しやすくなり、家族のコミュニケーションを重視する方からいま一番人気のキッチンです。
リビングやダイニングが広くなくても、仕切らないキッチンがあることで広々とした空間を作ることができちゃいます。

セミオープンキッチン
セミオープンキッチン

一般的に普及しているのはこのスタイルです。
オープン型とは違い、カウンターや垂れ壁などでリビングやダイニングとの空間を部分的に仕切るスタイルになっています。
部屋が一部遮られながらも、部分的にオープンになった構造なので、お料理中も家族とコミュニケーションをとりやすくなっています。

また、オープン型と違って手元が隠れる構造になるので、来客の際も丸見えにならずにお料理ができるというとメリットがあります。
「対面がいいけど、キッチンの様子は見せたくない」という方に向いています

クローズキッチン
クローズキッチン

こちらはキッチンとダイニング・リビングの空間が仕切ってある、独立型のスタイルです。

「キッチンを見られたくない」「落ち着いて料理したい」「調理中は作業に集中したい!」という方にピッタリです。
どうしても繁雑になってしまうキッチンを人目から避けることができ、お料理するときに出るにおいや煙、音を気にせずに気ままに調理できるのはクローズキッチンだけのメリットです。

鳥海工務店の施工事例はこちら ≫

スイスイと作業が楽しくなる!キッチンの「法則」

ワークトライアングル

「使いやすいキッチンってどんなだろう?」

実はシンク、コンロ、冷蔵庫の位置がキッチンの使いやすさに関係しています。
ではどんな位置にすれば作業しやすくなるのか・・・・・・それはキッチンの「法則」の1つである、“ワークトライアングル”を考えた配置をすることです。

シンクとコンロ、コンロと冷蔵庫、冷蔵庫とシンクの中心点を結んだときに、右の図のように三辺の合計が360cm~600cmの間に収まるようにすると、適度な移動距離・作業導線のキッチンになるという法則があるんです。


今のキッチンのワークトライアングルをご自分で計ってみましょう!

このサイズに収まらない場合は、移動できる冷蔵庫の位置を変えてみると良いです。
例としては、三辺の合計が360cm以下になっている場合は、冷蔵庫を端に動かすか、思い切ってキッチンの外側に出してみると動きやすくなるパターンもあります。
逆に、600cm以上ある場合は広すぎて歩数が多くなってしまうので、冷蔵庫をできる限り内側(シンクやコンロの近く)に寄せましょう!

“ワークトライアングル”を考えた上で、キッチンの構成を考えていくとリフォームをした際も、ビックリするほど使い勝手が良くなりますよ!


鳥海工務店の施工事例はこちら!≫

更新中!期間限定水まわりのお得なプランはこちら!≫

キッチンリフォームの流れはこちら!

キッチンリフォームの流れはこちら!

在来(システムキッチン) 入れ替え工事

1日目 既存キッチン解体、処分
     (ガス、水道配管、電気工事含む)
2日目 新規キッチン組立て 
   ・ 各シール(コーキング:壁との間にゴム質のものを入れるのに1日かかります)
   ・ 工事
  (キッチン前、サイド面にキッチンパネル等貼り工事がある場合は、半日から1日延びます)
  ※キッチン使用はこの日で可能です。
3日目完了 シールも固まるので使用可能です。
  (ただし同じサイズのキッチンの場合で壁等の解体、補修がない場合です)

サイズを変える場合は 壁解体、仕上げ等で2~3日は余分にかかります。又、システムキッチンはまずレンジフード(システムキッチンの換気扇)ですので、換気の外壁穴位置が変わる場合が多いですが、外部工事ですので、使用には問題ありません。
(こちらも最短3日~1週間とお考えください)


注:ユニットバス以外の工事で、特にキッチン入れ替えの際、床・フローリングも同時に貼り換える場合がよくあります。その場合も1日加算してください。(キッチン床の面積、フローリングの種類にもよります)

あくまで最短ベースでの記載となっております。

在宅中での工事が可能です。



○鳥海工務店の安心価格について○

鳥海工務店では地域の皆様に喜んでいただけるよう、お財布にやさしい価格でキッチンリフォームをさせていただいております。
見た目だけでなく、機能や質をしっかり考えたものしかご提案しません。
長い目で見た時に、「鳥海さんにお願いしてよかった」といって頂けるよう、自信を持って良質なリフォームをご提案いたします。

査定しているお客さまの声と、施工事例はこちら!≫


          
※安すぎる悪徳業者にご注意ください!※

最近では「格安」と打ち出しながらキッチンのリフォームを同業者の私たちも驚くような値段でしているリフォーム会社も多くなってきております。
しかし、近頃そういった「安すぎる業者」に頼んだことで、後々に高額なリフォームをさせられたり、被害にあったというお客さんの声を頻繁に聞きます。
なぜ安すぎる業者は怪しいのか?具体的にどんな手口を使っているのかなど、鳥海工務店では定期的に情報を提供しておりますので、参考になれば幸いです。

悪徳業者の手口について、詳しくはこちら ≫



インテリアまで考えた「オーダー提案」を無料でしております。
「色やデザインも綺麗にしたいけど、コーディネーターに頼むのは高いし・・・」
そうお考えのお客様に喜んでいただけております。


出張無料見積もりにてお気軽にご相談ください。

こだわりたいお客様には別途お見積りしますので、私までお申し付けください。